非常時に備えて|中古機械を買取するコツ|要らないものはリサイクル

中古機械を買取するコツ|要らないものはリサイクル

非常時に備えて

女の人

誰でもどこでも使える

AEDとは自動体外式除細動器のことを指します。簡単に言うと、心停止あるいは心臓に何らかの不具合を起こしてしまった方に、電気ショックを与え蘇生をはかる機器です。これは全国各地の公共施設や複合施設、お店などに設置してあります。AEDは免許を持っていない方でも扱えるように作られており、終始AEDから発せられる音声案内に従うことで適切な処置を行うことが可能です。有事の際には誰でも使えるAEDですが、人の命を扱う機器なので当然ながら講習もあります。講習は無料で受講することが出来るので、いざと言うときの為に備えたい方は受講してみるのも良いでしょう。基本的にAEDの受講は自由ですが、公共施設の関係者や指導員など、AEDを使う頻度が多い職業に従事している方は講習が義務付けられています。

誰でも利用出来る

近年、AEDを設置している施設やお店がとても多くなりましたが、設置される理由がきちんとあります。それは免許を持っている医療従事者でない方でも、人命救助が出来ると言うことです。AED改め自動体外式除細動器は本来ならば免許を持った医療従事者でなければ取り扱うことが出来ません。しかし特例として、免許を持っていない一般市民でも使えるようになっているのです。現場近くにいつでも医療従事者が待機しているわけではありません。そのような、医療従事者がいない時でも人命救助が出来るよう、AEDは各地で設置されているのです。またAEDは音声案内で的確に指示を出してくれるので、誤った処置をせずに済むと言う利点もあります。