レーザーによる精密加工|中古機械を買取するコツ|要らないものはリサイクル

中古機械を買取するコツ|要らないものはリサイクル

レーザーによる精密加工

男の人

ピンポイントに熱を集中

yagはイットリウム・アルミニウム・ガーネットの頭文字を取ったもので、これらの結晶により励起される光がyagレーザーと呼ばれています。yagレーザーは医療用や工業用に幅広く用いられており、なかでもレーザー溶接は高精度な加工ができる技術として人気があります。yagレーザーは極めて狭い範囲に、ピンポイントで高いエネルギーを集中させることができます。そのため短時間で微細な部分加工が可能であり、母材が熱により変形することも防げます。光を反射する素材の溶接には向きませんが、磁性材料や非伝導性材料の加工もでき、外観的にも均一な仕上がりになります。特に1ミリ以下の加工を得意とし、精密機器の製造には欠かせない装置です。

自動化に対応

yagレーザーは炭酸ガスレーザーに比べて波長が短く、光ファイバーで伝送できるという特徴があります。炭酸ガスレーザーは一般にミラーで反射させて伝送するため、装置が大がかりになりがちで、細かい作業には向いていません。yagレーザーは本体から離れた場所で、軽量の出射ユニットを使って自由自在に作業ができます。ロボットアームに取り付けて複雑な動きをさせたり、同時に複数の場所を溶接したりすることも可能で、高度な自動化に対応できるというメリットがあります。もちろん人間が手作業により、繊細な曲線を描くこともできます。研究開発用やレーザーアートなど、さまざまな分野で応用できることもyagレーザーの特徴と言えます。